ホーム > ニュース/ブログ

12/18 輪飾り作り

Posted by matsuzakicho - 12月 18th, 2011

お正月を2週間後に控え、今日は棚田百笑くらぶの輪飾り作りを行いました。岩科の菊池四郎さんと稲葉律子さんを先生に2つのグループに分かれて作業開始です。

皆で、藁の根元から15cmぐらいの所をひもでしばって、左綯い(ない)で作ります。左綯いにすると、右手を自分の方に向かって引くことになるので、幸せを呼び込むという意味があるそうです。

皆、先生の作っているのを良く見てね。

 

子どもも大人も藁を綯うのは、ほとんどやったことがありません。悪戦苦闘ですが、何とか形になってきました。

藁を綯って丸くしたら、ウラジロとキンカンと紙垂(しで)をつけて完成です。ウラジロは、長寿の願いが込められています。また、紙垂は、神様の場所と教えるものです。

今日は1人2つの輪飾りを作りました。最後に記念写真。皆、うまくできたでしょう。きっと歳神様も喜ぶね。(by KOH-)


コメントをする

ニュース/ブログ トップへ