餅つき

Posted by ishibu-tanada - 10月 31st, 2011

10月29日(土)・30日(日)に富士常葉大学で、石部棚田のもち米を使った餅つき実演販売が開催されました。

予想以上に評判が良く、すぐに完売になっていました。

(by toys)

10/30 藁ボッチ

Posted by ishibu-tanada - 10月 30th, 2011

10/30 脱穀が終わって、ボッチになった藁が静かに棚田を眺めています。(by KOH-)

脱穀

Posted by ishibu-tanada - 10月 26th, 2011

 10/20松崎高校の生徒40人が脱穀の手伝いに来てくれました。

大人数でがんばったおかげで作業がはかどり、すべてのうるち米の脱穀が終わりました。

高校生のみなさんお疲れ様でした。

 

(by toys)

タグ:

富士常葉大学で餅つき実演販売

Posted by ishibu-tanada - 10月 25th, 2011

石部棚田の学生ボランティアでおなじみの常葉大学で、石部棚田のもち米を使った餅つき実演販売が開催されます。

お近くの方、ぜひご参加ください!

*******************************************
富士常葉大学エバーグリーン祭
MOTI団による「地産地消」の餅つき実演販売
*******************************************

【 日時・場所 】
平成23年10月29日(土)および10月30日(日) いずれも10時~16時
(杵と臼をつかって、餅つきの実演販売を一日約4回実施予定)

販売場所: 富士常葉大学1号館前(本部、ステージ横にある模擬店 MOTI団)
販売数 : 2日間で250食程度販売予定

【 目的 】
本学では、2004年から、大学・地域交流を通じた地域貢献を目的に、伊豆半島松崎町石部地区の棚田保全ボランティアを開始し、2007年には静岡県一社一村制度に認定され現在に至る。年に3回(各2泊3日)、地元の人たちの指導と協力のもと、棚田農業でもっとも重要な「あぜ付け」・「あぜ塗り」・「草刈り」の農作業のボランティアを実践しています。毎回、約50名の学生が参加し、実践的教育の場として、また地域活性化に向けた地域交流の場として非常に重要な機会になってきた。
これまでは棚田保全ボランティアを実践するにとどまっていましたが、今年は、はじめて自分たちが手入れをしてきた棚田でとれたモチ米を、多くの人たちに味わってもらい、棚田保全の重要性を理解してもらうことを目的に、杵と臼を使った餅つきの実演販売を行います。さらに、売上金は、材料費等の必要経費を除いて、東日本大震災の義捐金に充てる予定です。

【 内容 】
・棚田保全ボランティアとしてかかわってきた松崎町石部の棚田米を使って、餅つきの実演販売を行う。実際に餅つきを体験できる餅つきコーナーもある。
・静岡県内の食材を使った「地産地消」に取り組み、棚田保全の重要性をアピールして、環境意識を高める一助とする。

【 協力 】
松崎町石部棚田保全推進委員会

【 問い合わせ 】
富士常葉大学 社会環境学部 講師 山本早苗
TEL:0545-37-2141(研究室直通)
FAX:0545-36-2651(大学共同)
Mail: syamamoto@fuji-tokoha-u.ac.jp

10/22 棚田 雨・雨

Posted by ishibu-tanada - 10月 22nd, 2011

10/22 今日は1日雨となりました。棚田は、脱穀作業も大部分が終了し、来週からはオーナー、トラストの皆さまへ発送作業が始まります。新米の届くのを楽しみにお待ちください。(by KOH-)

10/15 ハザ掛け

Posted by ishibu-tanada - 10月 22nd, 2011

10/15 本日、明日と予定されていた脱穀作業は雨天のため、延期になり、お手伝いを申し出てくださったオーナーの皆さんと一緒に作業ができなくなってしまいました。(by KOH-)

10/9 稲刈り日和

Posted by ishibu-tanada - 10月 9th, 2011

10/9 石部の棚田で昨日に引き続き、収穫祭(稲刈り)が行われました。天気も良く、作業後のおむすびはまた格別でした。(by KOH-)

10/9 稲刈り

Posted by ishibu-tanada - 10月 9th, 2011

10/9 今日は、棚田百笑くらぶの「稲刈り」です。4月の畦塗り、5月の田植え、8月草刈りの片づけと自分たちで育てた稲に鎌を入れます。高橋村長さんからは、「マムシ」がいるかもしれないから、注意してと話がありました。

まずは、鎌をもって稲を刈ります。刈った稲は畦の方に集めてね。

稲が刈れたら、竹を組んでウシを造ります。牛が角を立てているように見えませんか。

しばった稲をみんなで上手にかけていきます。かけた稲は1週間から10日ぐらい天日干しされて脱穀となります。

みんなで午前中がんばりました。

作業の後は、黒米や鶏肉のおむすび。漬物もついています。来月は、新米を使った料理教室も予定されています。くらぶのみなさんお楽しみに!(by KOH-)

石部棚田のお姫さま

Posted by ishibu-tanada - 10月 8th, 2011

10/8 石部棚田の畔道で、カワイイつゆ草を見つけました。

お顔に盛り髪にかんむり、まるでお姫さまのように見えませんか?

棚田収穫祭前のひとコマです。(by kery)

10/1 収穫祭間近

Posted by ishibu-tanada - 10月 1st, 2011

 

10/1 10月に入りました。いよいよ来週は棚田の収穫祭です。ハザ掛けの竹が用意され、準備も進みます。どうか、当日は良いお天気でありますように。(by KOH-)